印画使用現像液 パピトール

| コメント(0) | トラックバック(0)
20151114.jpg

 近いうちにプリントをしようと思い、その準備で印画紙現像液を注文した。あまりにも久々だったので、パッケージ品を買うか自家調合でD-72処方で済ませようか少しだけ悩んだけど、フジの「パピトール」(8リットル)が、まだ商品として健在だったので、これにした。8リットルと言っても保存液は4リットルなので、これを8本の500ccペットボトルに保存しておいて、暗室1セッションで1本ずつ使っていく。つまり暗室8回分の量である。フィルム関連の感材や薬剤は、値上がる一方だが、この商品は500円程度で販売してくれているのでありがたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://o-e.main.jp/mt/mt-tb.cgi/450

コメントする

管理人について

このブログ記事について

このページは、Oeが2015年11月14日 21:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マイケル・ケンナ 「Forms of Japan」」です。

次のブログ記事は「ヴェネツィア展」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

リンクページ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 5.11
  • 累計
  • 今日
  • 昨日