マスターテヒニカ2000の最近のブログ記事

20140524a.jpg
 京都の右京区をローライコード4を持って自転車で回った。
自転車での散策がメインになってしまい、撮影は一箇所のみであった。帰りに琵琶湖で写真が撮りたかったので、車に大判カメラ一式を積んでおいた。

 水辺ではは、日没前後のわずかな時間に好んで撮影を行う。この時間帯は光が弱いので、きつい陰影が出ない。

 カヤックで琵琶湖を回っていたときに、比良駅近くの古い集落がある浜辺をとても気に入った。カヤックに乗るときは、大判カメラは持っていかないので、水辺の撮影ポイントのロケハンのみとなる。星野道夫さんはカヤックで撮影していたみたいだけど。

 リンホフMT2000に、CMフジノン105mmを装着する。縦位置だと、フォーカシングトラック写りこまないように気を使わないといけない。タチハラだと、レンズを最前部に出せるので、そういう心配はないのだが。
 
 構図と露出を決めて、フィルムホルダーを挿し込もうと思い、バッグの中を探すと、何と撮影済みのフィルムホルダーしかない。自宅で間違えてバッグに入れてしまったようだ。



20140524b.jpg 気を取り直して、ローライコード4を三脚に取り付けて撮影した。画像のとおり、どんよりとした天気で形の良い雲には恵まれなかった。押さえの1カットという感じだな。またいつかここへ来よう。

















20140325.jpg

taken EOS kiss digital X3   +   Ai Nikkor  50mm  f1.4


  リンホフの「マスターテヒニカ2000」を購入した。大判カメラを使い始めた頃からいつかはリンホフを使ってみたいと思っていた。大判カメラは単なる箱なので、木製暗箱のタチハラであろうとリンホフであろうと撮れる写真が大きく変わるわけではないことは知っている。
  金属製のフィールドカメラならトヨやウイスタがある。リンホフに比べたら安価だ。フィールドカメラではないが、トヨのビューカメラにVX125といいフィールドカメラのように軽量な物もある。実用上はどれも信頼に足るカメラである。でも、愛せそうになかった。

 大判カメラを始めてからずっと使っているタチハラフィルスタンド4×5(Ⅱ)は造形的に美しいだけではなく抜群に使いやすい愛すべきカメラだ。後枠がギアで移動出来るため、後枠でのピント調整が可能な点は、とても便利だ。実質的には大判カメラはこのタチハラが一台あればそれでいい。風景も静物も僕の使い方なら、申し分ない機能を有している。でも、そんなタチハラだが、昨年、製造終了になってしまった。落下させたり手荒な扱いをしなければ、木製のタチハラでも数十年は使用に耐えることは想像に難くはない。蛇腹の交換や修理もある程度は対応してくれる業者もあるだろう。それは分かっている。

  フィルムカメラのユーザーが日増しに減っていく状況の中で、リンホフを購入するなんて酔狂なことかもしれない。高価なカメラを買ったところでフィルムの供給がなくなったり、購入する事が困難なほど高価になったら使用するのは難しい。そしてそれは、いつか現実に起こりうることなのだ。しかし、フィルムカメラで撮影し、暗室でプリントを楽しんでいる事自体、既に相当な好事家である。今更リンホフを買うのをやめたところで何が変わるのか。それに、年齢的にも、やりたいことは今のうちにやっておかなくてはならないし、フィルム写真の凋落ぶりを考えると、10年後、あるいは20年後とかに買うべきものでもないと思うのだ。

  結局のところ、タチハラが生産終了してしまったこと、消費税が上がること、このページによると、僕の欲しいリンホフの機種は20世紀の終わりの1994年から1998年くらいまでの間に生産されたものであり既に20年近く経過しているため、状態の良いものを入手するなら今のうちであること。といった理由が購入の後押しをしたのだ。  しかし、そうは言っても、僕が愛用しているローライコード4は1953年に生産されたもので、60年以上経過しているが、その割には、きれいだし、機械としての調子もばっちりだ。「高級カメラであること」に魅力を感じて購入されたリンホフは酷使されているわけもなく、状態が良いものに出会える確率は髙いのかもしれないが。  リンホフテヒニカは、その生産された時代によって数種類あるが、マスターテヒニカ2000(前期型)というモデルを選択したのかは、次の理由による。

1 距離計が装備されていないこと
  僕の場合、様々な交換レンズを使用するし、グラウンドグラス上でピント合わせや構図決定を行うので、距離計は使用しない。使用しないものはない方がいい。なければ故障することはないし、軽くもなる。

 2 広角レンズに強いこと
  前モデルのマスターテヒニカは、広角レンズ使用時にベッドを落とす事は出来るが、後枠でピントを合わせるためには、アオリの動作をするようにしてピントを合わせなくてはならないが、2000では、ボディ内にフォーカスレバーが機能追加されているので、ピント合わせがしやすいのだ。広角レンズを使う予定がなければ2000ではなく、マスターテヒニカで良かっただろう。その方が安く買うことが出来る。

 3 「作り」の精神的な問題
  元々、マスターテヒニカ2000は、オプションで距離計の代わりに「電子測距システムEMS(Electronic Measuring System )ユニット」を装着することが出来るらしいのだが、これがあまりにも売れなかったみたいで、4年ほどで生産終了となったようだ。前期モデルまでは、ノブの色を見ても前モデルのマスターテヒニカと同じであるが、2000(後期型)は、3000と同じ色になり、アオリ用のノブがマスターテヒニカと同じ位置に変更されている。機能的なことを考えれば、3000の方がさらに広角レンズを使用するための機能が向上しているので使いやすいだろう。でも、現行モデルなだけに高価でもある。中古価格も高くて手が出ない。  中古カメラ屋で、2000の前期型と後期型が並べられて売っているのを見たが、やはり「物」としての作りこみは前期型に分がある。「作りこみ」にこだわるなら、テヒニカの5型だと言う人がいる。確かにそうかもしれない。でもそれは広角レンズの使いやすさとトレードオフということになる。

 4 使ってみての感想
 僕の手元に届いたマスターテヒニカ2000は、ピント繰り出しようのギアが歪んでいたせいか動きが異常に硬かったが、修理してもらったら驚くほどスムーズになった。その点は問題ない。それから、これは好みの問題だと思うのだが、グラウンドグラスが標準の物はフレネルレンズが付属していない。そのため、広角レンズを使用したときは、周辺部が暗くてとても見にくい。視点をずらせば何とか見えるレベルなので、このまま使おうかとも考えたが、全体を見渡せないと、構図決定が困難なので、エボニーのフレネルレンズ付きのグランドグラスに交換した。  これでやっと、まともに使えるようになった。  テヒニカは、タチハラに比較すると重量にして1キロほど重い。でも、タチハラは筐体の外側にギミックが露出しているが、テヒニカは筐体内部に入っているため、折りたたんだ時のコンパクトさはテヒニカの方が優る。  タチハラは凹ボードが付いた75mmであれば、前枠を一番前に出した状態で後枠によるピント調整を行えば、縦位置でもケラレることはないが、テヒニカはそういうセッティングが出来ないので、縦位置ではケラレてしまう。そのためドロップベッドを落としたり、大判カメラなのに、小型カメラのように三脚の雲台を操作して縦位置で撮影しなくてはならない。 今のところ、慣れの問題だとは思うがタチハラとテヒニカでは、タチハラの方が素早く撮影出来そうな気がする。しばらくはテヒニカのみを使って慣れることにしてみよう。


管理人について

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちマスターテヒニカ2000カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはローライコードⅣです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

アーカイブ

リンクページ

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 5.11
  • 累計
  • 今日
  • 昨日